コメ先物取引が72年ぶりに復活!

コメ先物取引が72年ぶりに復活!

2011年8月8日、東京穀物商品取引所が茨城などの「関東産コシヒカリ」を、関西商品取引所は石川などの「北陸産コシヒカリ」を試験的に上場しました。初日は買い注文が殺到して値がつかず、波乱含みの幕開けと言って良いでしょう。さまざまな課題を克服して、2年後の本格上場を目指しています。

そもそもコメ先物取引は今から280年前、江戸幕府が1730年に大阪にある堂島米会所に対して米の先物取引を許可したのが始まりです。その後、1939年に第二次世界大戦に伴う米流通の統制のために廃止されるまで、長きにわたり日本の経済活動に大きな影響を及ぼしてきました。

米先物取引に限りませんが、先物市場のメリットとしては、
・天候などによる作柄の変化によっておこる価格の上下に対してあらかじめ保険をかけることができる。
・市場が判断した公平な価格が常に更新され表示されるので、価格の透明性が高くなる。
などがあります。

一方で心配される点としては、
・実際の消費するコメ取引だけでなく、投資の対象として価格の乱高下が心配される。
・原発事故による稲作への影響の見通しがついておらず今後のコメ供給に不安感がある。
などがあるでしょう。

また、米の流通量の6割を握るJA(農業協同組合)は取引への参加していません。投機マネーによる価格の乱高下を不安視していることが主な理由です。JAの動向が今後の米先物取引市場の発展に左右するものと思われます。

いずれにしても、今回のコメ先物取引が復活することは、世界中の投資家から注目を集めています。今後投資家、生産者、消費者にとって良い方向に進んでいって欲しいと思います。
逆を言えば、投資環境の向上などそれぞれの立場で、市場を発展させていく努力が必要ではないでしょうか。これから当分の間、コメ先物取引市場の動向を注視していきましょう。


「FX以外の主な投資」記事メニュー

QLOOKアクセス解析