外貨預金の落とし穴

外貨預金の落とし穴

近年、FX(外国為替証拠金取引)に参加する個人投資家が急増しています。しかし、1998年の外為法の改正までは個人の外国為替取引はできませんでした。外為法の改正により、いわゆるFX業者が数多く市場に参入して一気に個人投資家に広まった経緯があります。

銀行はこれまで主に外貨預金と言われる金融商品が存在しています。長引く不況の影響で、日本円で預金していてもわずかな金利しか付かない時代ですので、より金利の高い外貨による預金をする人が増えてきました。

ところが、外貨預金の場合、当然預金する時の為替レートが適用されるのですが、手数料がFXと比べると非常に高くなっています。簡単に比較すると手数料が100倍くらい違うようです。したがって同じ外貨に投資するのであればFXの方が断然有利に運用できるのです。

さらに外貨預金の場合、為替の変動による影響が大きいので当初うたわれている金利よりも為替の変動による損益が上回ることが予想されます。ですから金利の高さだけで判断すると損失を被ることがあるので注意が必要です。

外貨預金をするならば、過去の相場水準からみてかなりの円高のときなどに余裕資金で長期に運用するという心構えで臨んだ方が投資スタイルとして合っているように思います。

一般の人にはFXはよくわからないけれど銀行が提供する外貨預金ならば安心感があるという人が多いのも事実です。現在ではFXを扱う業者や銀行の中でも外貨預金と同じように、日本円で預けて外貨で受け渡ししてもらうといったサービスを提供しているところもあるので、どうゆう資産運用をするべきか良く考えて投資をしていきたいですね。


「FX以外の主な投資」記事メニュー

QLOOKアクセス解析