「外国投信」のメリットとデメリットとは?

「外国投信」のメリットとデメリットとは?

「外国投信」で資産運用をする人も増えてきましたね。外国投信とは、「外国の投資信託」であり、簡単に説明すると「外国で設立された投資信託銀行に、外貨建てで資産運用をお願いする」ということです。

投資信託は以前から人気の方法ですが、最近になって外国投信の人気も上がってきているんですね。
しかし、外国投信にはメリットもデメリットもあります。その両方を勉強して、あなたの資産運用に適しているかを確認しておきましょう。

まずメリットですが、外国投信では、一般的には日本の投資信託よりも「利回り」が大きいと言えます。
日本の投資信託は、世界水準で見れば「安全重視型」であり、「利回りは低いものの、リスクも少ない」というのが一般的なのです。しかし外国投信の場合、「積極的な利益追求型」が一般的であり、高い配当や利回りを期待することが出来ます。これが外国投信の最大のメリットですね。

しかし、「利回りが高い」ということは、その分だけリスクも大きいということです。「利益が少ない=リスクも少ない」という一方、「利益が大きい=リスクも大きい」というのは投資の基本の図式であるため、利益を積極的に追求する必要がないなら、外国投信を利用する価値は少ないと言えるでしょう。

また、外国投信は「外貨建て」の投資信託ですので、運用時点から円高になれば、その分が「変動の損失」として跳ね返ってきます。しかし、運用開始から円安になれば、その分が「変動益」として返ってきますので、限界まで円高になった時点で利用する価値はあると思いますよ。


「FX以外の主な投資」記事メニュー

QLOOKアクセス解析