「円債」で堅実な取引をしてみよう!

「円債」で堅実な取引をしてみよう!

「円債」で資産運用をする人も増えていますね。「円債」とは、「円で購入できる債券」の総称で、日本政府や地方自治体、日本企業、あるいは外国企業が「円建て」で発行している債券を指します。
最近はこれらの債券に投資をしている人が増えており、その理由について勉強してみましょう。

債権は、一般的には「利回り」は小さいですね。利回りの大きさを重視して投資をするなら、高金利の投資商品を購入すれば良いだけです。しかし、利回りの高い投資商品はリスクが高い場合が多く、言い換えるなら、「これだけリスクの大きい商品を買ってくれるなら、その分だけ利回りも大きくしますよ」ということになるのです。
一方、国債などの債券は、リスクがほとんどないため、その分だけ利回りも小さいのが一般的です。

リーマンショックで投資の「怖さ」を知った人は、より堅実な投資を目指す傾向にあり、そのため、利回りは小さくてもより安全に投資が出来る商品に人気が集まっているのです。
その意味では「債券」は最も適している投資商品であり、長期的にジックリと資産運用することを目的として、とくに中高年の方々に人気なんですよ。

また、債券による投資を計画している日本人を対象に、外国の企業が「円建て」で債券を発行するケースも増えていますね。「円建て債券」であれば、いちいち外貨両替をする必要がありませんので、変動リスクをゼロにして運用することが出来ます。

また、利回りが一般的な水準と比較して大きい場合もありますので、資金の一部を分散して円債も含めた「債券投資」をすることも、リスク管理を徹底する上で大切なテクニックだと言えるでしょう。


「FX以外の主な投資」記事メニュー

QLOOKアクセス解析