「通貨オプション」とは?

「通貨オプション」とは?

「通貨オプション取引」も注目を集めているのですが、「オプション取引」そのものの仕組みを知らない人も多いと思いますので、ここではオプション取引の仕組みについてしっかりと勉強しておきましょう。

たとえば、目の前にレア物の「焼酎」があるとします。1本1万円もする、希少価値の高い焼酎だと思ってください。このような焼酎の場合、「購入券」が発行されたりしますよね。そのまま発売しても顧客が殺到するため、スムーズに売買するために「買う権利」を発行するのです。

「オプション取引」とは、「買う権利(売る権利)」を取引するものだと思ってください。つまり、焼酎そのものを取引するのではなく、「その焼酎を買う権利(売る権利)」を売買するのです。
その焼酎の人気がより高くなれば、「購入券」も高くなるため、その差額分があなたの利益として残るわけです。もちろん、人気が下がって「購入券」の価値が下がれば、その分が「損失分」となります。

このようなオプション取引には、「損失額を小さく抑えられる」というメリットがあります。
オプション取引は、商品そのものを取引するのではなく、「商品の取引権利」を取引するのもなので、取引規模はたいていのケースで現物の価格よりも小さくなります。当たり前ですよね。
たとえば、「1万円の焼酎」の購入券が「1万円以上」することはあまりありません。たいていは「1万円以下」で購入権は取引されるはずです。

いかがですか?オプション取引の仕組みは理解していただけたでしょうか?
「通貨オプション」とは、「通貨の取引権利を売買する」というものであり、将来的に成長が見込める通貨の売買時に大きく値が上がる傾向にあります。これまでオプション取引に手を出してこなかった人も、一度勉強して挑戦してみてはいかがでしょうか?


「FX以外の主な投資」記事メニュー

QLOOKアクセス解析