「実現益」と「実現損」

「実現益」と「実現損」

「実現益」と「実現損」という言葉を勉強してみましょう。
たとえば、CFD取引やFX取引などをしていて、ポジションを「決済していない状態」で1万円の利益が出たとします。この場合、「1万円」は「含み益」の状態であり、まだ実際の利益として確定されていません。つまり、今後の変動次第で「1万円→2万円」になることもあれば、「1万円→ゼロ」になることもあるのです。

一方、含み益が1万円の状態で決済してしまえば、その1万円は確実にあなたのものになり、その後の変動に関係なくあなたは1万円をゲットすることになります。
このように、決済して「確定した利益」のことを「実現益」と呼んでいるのであり、目標の利益額に達したなら、さっさと決済して確定しておくことをオススメします。

さて、「実現益」の逆語にあたる「実現損」ですが、こちらは「決済していない損失(含み損)」のことであり、決済しない限り、実際の損失としてあなたに返ってくることはありません。したがって、含み損の状態でずっと待っている人がいるんですね。

もちろん、「待つ」という選択肢も時には必要な場合があります。しかし、「待っていれば元に戻る」という保証はどこにもなく、むしろ、それ以上の含み損になってしまう恐れもあるんですね。だからこそ、含み損に関しては「損失分が小さいうちに決済しておく」ことが大切なのです。

確定しなくても損失は損失です。いずれ、実際の損失となって返ってくるものです。だからこそ、含み損が小さいうちに決済をして、次の勝負の準備をした方が賢いと言えるんですよ。これを「損切りの徹底」と呼んでおり、投資の世界では「当たり前のリスク管理」だと言えます。

投資の初心者の方は、損失が出ると待つ傾向にあり、さらに損失が増えてしまうこともよくあります。このような場合は「損切りの徹底」をしっかりと思いだし、さっさと次の勝負に備えるようにしておきましょう!


「FX用語集」記事メニュー

QLOOKアクセス解析