「オージー・ドル」は変動リスクが高い!?

「オージー・ドル」は変動リスクが高い!?

FX取引の世界で「オージー」と言えば、「オーストラリア・ドル」のことですね。「豪ドル」と表記されることもありますが、オージードルの特徴について勉強してみましょう。

オーストラリアは、「農業」や「観光」を主力産業としており、日本との貿易関係もかなり深いものがあります。たとえば、日本で消費されている「コーン」や「小麦」の多くが、オーストラリアからの輸入なんですよ。
しかも、オーストラリアには「うどん研究所」というものがあり、「日本人が好きな味のうどんを作るためには、どんな小麦を開発すべきか」と、真面目にオーストラリア人が研究する施設もあるほどです。

したがって、農業にダメージが起こるような事態になると、当然ですが経済にも悪影響を与えてしまいます。数年前、オーストラリアを大規模な「干ばつ」が襲いました。農業被害も大きく、そのため、貿易収支が悪化したという結果になってしまったのです。

ですので、オージードルで取引をしている人は、ぜひ「自然環境」や「農作状況」にも注意しておきましょう。
大規模な自然災害や、農作にダメージを与えそうなニュースが出ると、たいていのケースで豪ドルが少し下落します。
ただし、豪ドルには「下落しても反動で戻りやすい」という特徴もあるんですね。したがって、一時期は損失が拡大しても、「待つ」ことに価値がある通貨と言えるでしょう。

オージードルだけでなく、レバレッジを上げている人はロスカットの可能性もありますので、「戻るから安心だ!」とは言えませんが、小さい倍率で取引している人であれば、リスク変動を必要以上に気にすることはないと言えるかもしれません。


「FX用語集」記事メニュー

QLOOKアクセス解析