「リスクアセット」を考えてFX取引をしよう!

「リスクアセット」を考えてFX取引をしよう!

「アセット」という言葉、資産運用が活発になってきた日本でもよく聞く言葉になりましたね。アセットを日本語に訳すと「資産」ということになり、投資の世界では「自己資金」に相当する専門用語です。しかし、アセットにはいくつかの種類があり、その中でも知っておくべきものとして「リスクアセット」というものがあります。
この「リスクアセット」を十分に考えた取引を行うことで、リスク管理を徹底して取引を目指してみましょう。

「リスクアセット」とは、その名の通り、「リスクを持っている資産」のことです。たとえば、あなたの手元に100万円があるとします。この100万円が全額あなたの資金であるなら、それはリスクアセットではありません。
しかし、借金して手に入れた100万円であれば、その100万円には返済義務が存在していますので、全額「リスクアセット」ということになるんですね。

さて、このリスクアセットですが、FX取引とはどのような関係があるのでしょうか?
それこそ、「レバレッジ」の存在です。レバレッジを日本語に訳すと「テコの原理」という意味になり、自己資金の何倍もの取引規模が可能になる方法です。たとえば、自己資金10万円でレバレッジ100倍を活用すると、何と「10万円×100倍=1000万円」もの取引が可能になるわけです。
しかし、冷静に1000万円の内訳を見ていきましょう。取引規模の1000万円のうち、あなたの自己資金額はわずか「10万円」です。したがって、残りの990万円は借金しているのと同じことになるんですね。つまり「990万円のリスクアセットを背負っている」と言うことが出来るんですよ。

いかがですか?「レバレッジの上げすぎには注意しましょう!」とはよく聞くものの、リスクアセットの視点からレバレッジを見ると、倍率の上げすぎがいかに怖いかがよく分かります。皆さんも、レバレッジの倍率を設定するときには、「リスクアセット」の観点から妥当性を検討して取引知るようにしておきましょう。


「FX用語集」記事メニュー

QLOOKアクセス解析