FXの「システムトレード」とは?

FXの「システムトレード」とは?

FX取引だけでなく、株取引でも同じなのですが、「システムトレード」というものがあります。
最近になって大きく注目されているのですが、システムトレードについて勉強してみましょう。

「システムトレード」とは、「FX取引を機械に任せる」というものです。一般的なFX取引の場合、チャートを見ながら「成り行き注文」、「指値注文」、「逆指値注文」、「IFD」、「OCO」など、様々な注文方法を自分で出す必要がありました。もし、取引の様々な条件をあらかじめインプットしておいて、その条件通りに機械が勝手に取引してくれるとしたら、こんなに楽な方法はありませんよね。
そんな楽チンな方法を可能にしているものこそ「システムトレード」と呼ばれる方法です。

システムトレードを行うには、専門のソフトを購入する必要があります。購入したソフトをあなたのパソコンにダウンロードして、インストールを行っておきましょう。インストールされたら、説明画面に従って取引の条件をインプットしていきます。条件や取引に必要な情報のインプットが終了したら、あなたに代わってソフトがFX取引をしてくれるんですよ。

いかがですか?すごく楽チンでしょ?なにせ、あなたは何もする必要がないのです。時々、ソフトが正常に動いているかどうか、あるいは収支状態をチェックするだけでOKです。ただし、システムトレードを活用すれば絶対に儲かるというわけではありません。現在では多くの人はシステムトレードを活用していますが、システムトレードとは「あなたの代わりにFX取引してくれるツール」であり、「絶対に儲けることが出来るツール」ではないことを知っておきましょう。

便利な反面、拡大し続ける損失に気がつかないこともありますので、システムトレードを活用するには十分な注意を持って行うようにしてくださいね。


「FXの取引スタイル」記事メニュー

QLOOKアクセス解析