「損切りの徹底」こそFXの極意だ!

「損切りの徹底」こそFXの極意だ!

FX初心者にありがちな「罠」と言っても過言ではないでしょう。

たとえば、初めてポジションを建てたとします。これから、あなたのFX人生が始まる瞬間ですね。私も、初めてポジションを建てたときは興奮しました。「よ〜し!がんばって年収アップ目指すぞ!」と、妙に意気込んでいたことを今でも覚えています。しかし、やっぱり初心者は初心者です。そう簡単に勝てるものではありません。相場の流れをうまく読めずに、初めてのポジションは「惨敗」に終わってしまいました・・・

この時、私が犯したミスは2つあります。1つは、「相場の流れをうまく読んでいなかったこと」です。
初心者なら誰にでもあると思うのですが、いくら事前に勉強を重ねたとしても、「10の勉強」は「1の経験」にすら勝てないのです。また、もう1つのミスとは「損切りを徹底していなかった」ということです。

相場が悪い方向に流れてしまうと、初心者のクセとしてどうしても「待つ傾向」にあります。「しばらく待っていたら持ち直すかも…」という考えですね。もちろん、しばらく待っていたら持ち直すこともありますが、それは「元に戻った」というだけで、「利益が出た」というわけではないのです。
したがって、少し損失が出た時点で「損切り」をして、下がりきるのを待ってから再び買った方が、理論的には利益が出る計算になるのはお分かりでしょうか?

よく考えると、上記の仕組みは誰でも理解できる簡単な理論なのですが、初心者だとどうしてもこのような冷静な判断が出来ないのです。つまり、損失が出た時点で「下降トレンドに入った!」と冷静に判断して、「ポジションを逆にする」、あるいは、「一度決済して下がりきるのを待つ」という適切な判断が出来なかったんですね。

皆さんも、冷静で適切な判断のもと、効率的に利益を出すためにも、損切りだけは徹底しておくようにしておきましょう。「損切り」を上手に行うことが最も大きなFX必勝法だと私は思うのですが。


「FXの取引スタイル」記事メニュー

QLOOKアクセス解析