「インターバンク市場」で変動が大きい時間帯とは?

「インターバンク市場」で変動が大きい時間帯とは?

FXは「為替取引所」で行われているのですが、為替取引所は世界中にあります。
日本では東京ですが、アメリカならニューヨーク、イギリスならロンドンなど、為替取引は24時間、世界のどこかで必ず行われているのです。このように、時差の関係で「実質24時間の世界規模でのFX取引」のことを「インターバンク市場」と呼んでいるんですよ。

「インターバンク市場」は、もともとは「銀行間取引」を意味する専門用語ですが、FXの世界では「世界規模での為替取引」を意味しているんですね。さて、時差の関係で実質24時間のFX取引が可能なのですが、時間帯によっては市場のオープン時間帯が「かぶる」ときがあります。

たとえば、日本時間の夜の時間帯は、「ニューヨーク市場」と「ロンドン市場」が同時にオープンしています。「ニューヨーク市場」、「ロンドン市場」、「東京市場」は、「世界三大市場」と呼ばれており、そのうちの2つが同時にオープンしているということは、その時間帯の「取引量」がとても多いことを意味します。取引量が多くなると、当然ですが相場は活発に動きます。つまり、「変動幅が大きくなる」ということですね。

たとえば「米ドル/円」の通貨ペアの場合、米ドルと日本円は非常に安定して変動する傾向にあるため、普段はレバレッジの倍率を上げて取引する必要がありました(リーマンショック以前の話です)。
しかし、レバレッジの上げすぎは非常に危険であるため、私たちにとって馴染みのある「米ドル」ですが、変動幅の「小ささ」が1つのデメリットになっていたのです。そこで、日本時間の夜の時間帯、つまり、「ニューヨーク市場」と「ロンドン市場」が同時にオープンする時間帯に取引をすれば、上記のデメリットも解消されるというわけなんですよ。

「日本は、サラリーマンにとってFX取引をするに最適な国だ!」なんて言われることもありますが、たしかに、夜の時間帯の取引が有利となれば、サラリーマンの皆さんの「副業」としては最適なのかもしれませんね。あなたもインターバンク市場に参加してみませんか?


「FX取引概要」記事メニュー

QLOOKアクセス解析