FX取引に必要な保証金(証拠金)とは?

FX取引に必要な保証金(証拠金)とは?

FX取引を始めるなら、あなたが選んだ業者に口座を開設して「保証金(証拠金)」を預ける必要があります。
保証金を預けてやっと、FX取引を始めることが出来るのです。それでは、これからFXを始める人の場合、どの程度の保証金を用意しておけば良いのでしょうか?

大切なのは、「FX取引に慣れていないときは小規模の取引をすること」ということです。FXを始めたばかりの人であれば、勝率も低いですし、まずは取引そのものに慣れることが大切なのです。したがって、勉強の意味も込めて、ある程度は負ける覚悟をしておきましょう。だからこそ、最初から大きな保証金を用意するのは考え物なんですね。たいていの人の場合、まずは「10万円」という金額を目安にしておきましょう。

10万円からスタートしておくと、負けたとしても「授業料」として納得できるギリギリの範囲ですし、勝ったときでもプラス1万円程度にはなります。初心者の方であれば、やはり10万円スタートが最も「無難」と言えるかもしれませんね。

また、FX取引で預ける保証金額は、業者によって最低額が決まっているため、最低額が10万円以上であれば、それだけの金額を用意する必要がありますし、業者の中には最低預け額を1万円程度に設定している場合もあります。「10万円」というのはあくまでも目安ですので、あなたが取引する業者の「規定」についても確認しておきましょう。

預ける保証金額を決めるもう1つの目安として、「レバレッジ」にも注目してみましょう。
仮にレバレッジ10倍で取引したいと考えているなら、10万円を用意すると100万円での取引が可能になります。また、200万円規模の取引を希望しているなら、レバレッジ10倍を活用するとして20万円の自己資金が必要になる計算ですね。「10万円を目安として、最低預け金額とレバレッジを考慮して決める」という決め方をしておくと、あなたの取引に必要なおおよその自己資金額が見えてくると思いますよ。


「FX取引概要」記事メニュー

QLOOKアクセス解析