逆指値でFX取引をしよう!

逆指値でFX取引をしよう!

FX取引を行う場合、「逆指値」という言葉を勉強してみましょう。
「逆指値」は、FX取引での損失を最小限に抑えるために欠かせないもので、リスク管理を行う上でもぜひここで勉強しておきましょう。

たとえば、相場が「下降トレンド」に入ったとします。どんどん下がり続けるのであれば、やはりサッさと売った方が良いですよね。ところが、その時に外出しているとすればどうでしょうか?
サラリーマンの皆さんであれば、昼間は外出しておられると思いますので、自分が気付かない間にどんどん損失が膨らんでしまうことになります。そんな時こそ「逆指値」が大活躍するんですね。

たとえば、1ドル100円の時に買ったとして、そこから値段が下がり続けるとします。しばらくして95円にまで円高になると、1ドルあたりの損失は5円ということになりますよね。しかし、チャートに「98円になったら自動的に売ってください」と、命令を出しておくことが出来るんですよ。

このように、「ある程度にまで下がったら、自動的に売ってください」と機械に指令を出しておくことを「逆指値」と呼んでいるのです。もし、98円に下がった時に自動的に売るよう指令を出しておけば、たとえあなたが気付かない間に下がり続けたとしても、最大の損失は1ドルあたり2円に抑えられます。

いかがですか?まったくの「成り行き」でFX取引をしていると、あなたが気付かない間に損失が拡大してしまうこともあるんですよ。
このような状態を防ぐためにも、必ず逆指値の注文方法を覚えておくようにしましょう。


「FX取引概要」記事メニュー

QLOOKアクセス解析