「アイザーウェイ」を狙って取引コストを軽減しよう!

「アイザーウェイ」を狙って取引コストを軽減しよう!

「アイザーウェイ」という現象をご存じでしょうか?この現象の存在を知っておくと、取引コストを格段に抑えた取引が可能になる場合がありますので、ぜひ勉強しておきましょう。

アイザーウェイを簡単に説明すると、「アスクとビッドが同じ価格」ということになります。通常、ある通貨を取引をする場合、「買うとき」と「売るとき」で値段が違うんですね。「1ドル100円03銭〜05銭」のような感じで、買う時も売る時も同じ値段で取引できないのが外為の世界なのです。
ところが、通常なら売り買いの時で違う価格が、「まったく同じ」になるときがあります。このように、買う時と売る時と、その通貨の価格がまったく同じになる現象のことを「アイザーウェイ」、あるいは「チョイス」と呼んでいるんですよ。

上記の例で言うと、あなたは1ドルを「100円05銭」で買い、売るときには「100円03銭」になります。つまり、あなたはFX業者に1ドルあたり「2銭」の手数料を支払っているようなものです。この「価格差」を専門用語でスプレッドと呼んでおり、アイザーウェイとは「スプレッドがゼロ」という現象でもあるんですね。

これは嬉しい現象です。スプレッドとは、1通貨あたりの手数料のようなものですから、これが積み重なると大きな出費になります。また、その出費分だけあなたの利益が圧迫されることになりますので、出来るだけスプレッドを抑えた取引を目指すのは当然のことです。
その点、アイザーウェイが見られる時には、スプレッドを気にすることなく、思う存分、利益を追求することが出来ますので、この現象が現れたならチャンスだと思って取引するようにしておきましょう。


「FX取引の注文方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析