相場は心理戦?

相場は心理戦?

FXだけでなく投資全般に言えることですが、相場に参加するという事は、その参加者たちの間での心理戦の結果が現在の価格となって表れているのだと思います。

相場の世界では買いたい人たちと売りたい人たちがいて、価格が決められていきます。すなわち相場に参加している人たちの総意が現在の価格となっているのです。相場参加者はプロであろうと個人投資家であろうと「人」ですからそこには心理が働くと思います。そこで、相場参加者の心理を考えるということも重要な事になってきます。

相場が上昇する時というのは多くの参加者が「相場が上がる」と考えているので買いという行動をとり結果として価格は上昇します。相場が下落する時はその逆になりますね。トレンドが発生しているときなどは投資家の心理がわかりやすく反映されていますが、保ちあい相場の時は方向感がなく相場がどちらに動くのかがわかりにくくなります。

それは相場参加者の心理が一つの方向に定まっていないとも言えるのではないでしょうか。実はこうゆうときがチャンスでもあり、保ちあい相場の後にどちらかに放たれた時は一気に相場の動きが加速することがあります。このチャンスを逃さないことが利益を上げていくために必要な方法のひとつだと思います。

もうひとつ大切な事は、自分も相場参加者の一人でもあることです。ですから自分が心理的に不安定でいることは避けなければなりません。自分の投資方針やトレードスタイルをしっかり確立させる事が必要です。不安定なままだと相場の世界に足をすくわれて多額の損失を出すことになりかねませんからね。


「相場の見方を調べる」記事メニュー

QLOOKアクセス解析