知っておきたい相場の格言

知っておきたい相場の格言

FX取引に限らず、相場には昔から格言が数多く存在します。いずれも先人達が過去の経験から相場の真髄や戒めについての簡潔な言葉にまとめたものです。
ここでは個人的に重要だと思われる格言を紹介していきます。

「頭と尻尾はくれてやれ」

相場において天井(最高値)で売りたい、底(最安値)で買いたいと思うものですが、欲を出して天井や底を狙っていると失敗することが多い。反転したのを確認してから相場に参加する位の余裕を持った方が良いということ。

「もうはまだなり、まだはもうなり」

これだけ下がった(上がった)からもう反転するだろうと思っていてもまだ下がり(上がり)続けたり、この買い(売り)相場はまだまだ続くと思っているとそこが天井(底)だったりするということ。自分の思惑を強く持ちすぎず冷静に相場に参加したほうが良いということ。

「休むも相場」

年中取引ばかりしても儲かるとは限らないということ。焦って取引をしても損失が増えて結局トータルでマイナスになることが多いので、焦らず時には相場に参加せずにいることも大切なこと。とくに負けがこんでくると取り返そうと焦って取引を繰り返し、かえって損失を膨らませてしまうことがあるので注意せよということ。

どの格言も相場の特徴や投資家の心理を反映しており、これらをきっちり守ることができればFX取引で失敗することが少なくなると思います。しかし、理屈ではわかっていても実際の行動になるとなかなか守ることができないのも事実です。少しでも格言を実践できるようになりたいものです。


「相場の見方を調べる」記事メニュー

QLOOKアクセス解析