「安値」の推移をチェックしておこう!

「安値」の推移をチェックしておこう!

投資の基本の1つに、「安い時に買い、高い時に売る」というものがあります。これに関しては皆さんも納得ですよね。
しかし、「いつ安い時なのか?」という質問に答えられるでしょうか?投資の上級者なら簡単に答えられるでしょうが、初心者の皆さんには少し難しい質問かもしれません。そこで、「下値支持線」という「線」が大活躍するのです。

テクニカル分析の1つに「移動平行線」というものがあります。その通貨や銘柄の平均価格を線で結んだものであり、平均価格の推移を見る上で欠かせない線なんですね。
一方、移動平均線をチャートに表示する場合は、それと同時に「上値抵抗線」と「下値支持線」も表示しておきましょう。「上値抵抗線」とは、毎日の「最高値」を線で結んだものであり、「下値支持線」とは毎日の「最安値」を線で結んだものです。

「安い時に買う」という、投資の基本を実行するなら、当然ですが「どのあたりが安い価格と言えるのか?」を知っておく必要があります。だからこそ、「下値支持線」を見て、毎日の最安値をチェックし、その推移も見ておくことが大切なんですよ。毎日の安値がひとつの目安になるんですね。

とくに、相場が荒れていない状態、つまり「安定して変動しているレンジ相場」などが見られる場合は、価格は安定して上下する傾向にありますので、安いタイミングを知ることで「買い注文」を入れ、高くなったら売るという作業を繰り返せば、安定して利益を出すことも可能です。
また、空売りをするのであれば、「上値抵抗線」の推移をチェックして、「高い時に売り注文を入れる」という作業を繰り返しておきましょう。


「相場の見方を調べる」記事メニュー

QLOOKアクセス解析