利益確定の「売りタイミング」を決めておこう!

利益確定の「売りタイミング」を決めておこう!

まだ決済をしていない状態で「含み益」が出始めると、「もう少し待てば、もっと大きな利益になるかも…」と思ったことはありませんか?もちろんありますよね。でも、いかに利益確定するかが問題になってきます。

投資をしている人なら誰だってこのような「色気」を出すことはあるものです。しかし、その後の相場が不利な方向に動き出し、「あの時に決済していれば…」と後悔することもあります。
これも皆さん一度は経験されたことがあるのではないでしょうか?

投資では、「感情を抑える」ことが大切です。「過去のデータ」や「勝率」、「利益分」などを数値化して、個人の感情に左右されることなく、「うむ、このタイミングがベストだな」とニヒルに決断することが重要なのです(笑)。

しかしこれが難しいものです。人間誰でも「欲」はありますし、「もう少し待っていれば…」という感情が出ることは自然なことと言えるでしょう。そこで、そんな感情に左右されることなく、「データ的な判断」を出せるよう、「指値注文」と「逆指値注文」を使いこなせるようになることをオススメします。

指値注文とは、「1米ドル=100円」の状態で米ドルの買い注文を入れたなら、「101円になったら自動的に売ります!」と機械に設定しておくことです。こうすることで、「もう少し待てば…」というあなたの感情に関係なく、「101円」になれば自動的に売り注文が入る仕組みです。

また、現在のレートが「1米ドル=100円」として、もっと円高になった方が「買いタイミング」としては有利ですよね。しかしここでも、「もう少し待てばもっと円高になるかも…」という色気が出てしまいます。そこで、「1米ドル=99円になったら自動的に買い注文を入れてください!」と、新規注文を指値で行う方法もありますよ。

一方、「1米ドル=100円」の状態で米ドルの買い注文を入れており、「100円→99円」になったとしましょう。この時、「もう少し待てば、値戻りするかも…」という「色気」が出てしまいます。そこで、「98円50銭になったら自動的に決済してください!」と、損切りを徹底するためにも「損失確定」のタイミングをあらかじめ設定しておくのです。
このように、損失確定のタイミングを設定することを「逆指値注文」と呼んでおり、色気のために損失が拡大するのを防ぐことが出来ます。

いかがですか?「指値注文」と「逆指値注文」、それほど難しいものではありませんよね。FXを始めた人の多くは「買い」から入ることが多いので、利益確定の売り注文を覚えると良いですね。初心者の方でも簡単に使いこなせると思いますので、ぜひ練習しておきましょう!


「相場の見方を調べる」記事メニュー

QLOOKアクセス解析