FXの「移動平均線」をまず覚える

FXの「移動平均線」をまず覚える

「テクニカル分析」という言葉をご存知ですか?相場の今後の予想をする時、過去の様々なデータを参考にして「グラフ化」し、それをチャートに表示しながら取引を行うことが出来るのです。しかし、FX取引の初心者の皆さんにとってテクニカル分析は難しいものであり、「何から勉強すればいいのか…」という人も多いことでしょう。
そこで、初心者の皆さんでも理解しやすいテクニカル分析であり、また、テクニカル分析の「基本」とも言える「移動平均線」を勉強してみましょう。

移動平均線とは、ある通貨の毎日の平均価格を「点」として、それを「線」で結んだものです。チャートには折れ線グラフのような形で表示されます。つまり、その通貨の平均価格が毎日どのように推移しているのか、それを知ることができる「線」こそ「移動平均線」なんですよ。

また、「過去何日間の移動平均線を表示するのか?」という感じで、いくつかの「過去の一定期間」の中から選ぶことも出来ますし、「過去短期間の移動平均線」である「短期移動平均線」と、「過去長期にわたっての移動平均線」である「長期移動平均線」を両方同時に表示して、「長期的にはこのように推移しているが、短期的に見れば少し違う動きをしているな…」などと、長期と短期の移動平均線を見比べることで様々な「変動の傾向」を予想することもできるんですよ。

移動平均線は、数あるテクニカル分析の中でも「ローソク足」と並んで初心者に使いやすいテクニカル分析として有名ですので、出来るだけ早い段階で覚えるようにしておきましょう!


「FX相場分析方法を考える」記事メニュー

QLOOKアクセス解析