「外貨準備高」とは?

日本政府の「外国為替特別会計」とは?

テレビの経済ニュースなどを観ていると、時々「外国為替特別会計・・・」なんてアナウンスを聞きます。
投資の初心者の方であれば、何のことだかチンプンカンプンですね。そこで、投資用語の勉強のためにも「外国為替特別会計」について解説してみましょう。

「外国為替特別会計」は、「外国為替資金特別会計」とも呼ばれているのですが、簡単に説明すると、「政府のFX取引の実態を管理している機関」ということになります。

日本政府や日銀は、急激な円高や円安を防ぐため、しばしば為替市場に介入してきます。急激な円高が見られたなら、政府や日銀が持っている円を大量に売ることで円高を抑え、急激な円安が進んだなら、逆に外貨を大量に売って円を高くしようとします。
このような「通貨の安定性」を目的として、政府が市場に介入することが時々あるんですね。

しかし、上記の介入は、利益を上げることを目的としていないものの、やっていることは「FX取引」なんですね。私たちのFX取引と違うのは、あくまでも「利益目的or利益目的でない」という点であって、行為そのものがFX取引であることに変わりありません。

したがって、政府の意思に関係なく、「損益」が出ることも仕方ないのです。その損益を管理している機関こそ、「外国為替特別会計」と呼んでいるんですね。
ちなみに、国のFX取引の結果、利益が出ることもあります。この場合、利益分は一般会計になるそうですよ。ということは、国のFX取引がもっとうまくいけば、もっと国の財政も楽になるかもしれませんね(笑)


「指標から考える」記事メニュー

QLOOKアクセス解析