スワップポイントで損失の「保険」を作る!

スワップポイントで損失の「保険」を作る!

FX取引では「ポジション」が欠かせませんが、皆さんはどのような「ポジション」を持っているでしょうか?
為替変動による差益を狙って、変動幅が大きい通貨ペアを建てているのでしょうか?
あるいは、金利差の大きい通貨ペアを建てて、コツコツと利益を稼いでいるのでしょうか?

FX上級者ともなれば、必ず複数のポジションを保有しています。1つだけのポジションで取引していることなどあり得ないんですね。では、どのような複数のポジションを持っているのか、それを勉強してみましょう。

まず、変動差益を狙ったポジションを持っています。日本円との通貨ペアで言うと、イギリスの「ポンド」やニュージーランドの「NZドル」なんかは非常に変動幅が大きい通貨として有名ですね。
また、経済的なつながりの大きさや馴染みの深さで考えるなら、「米ドル/円」で変動差益を狙う方法も人気です。
しかし、変動幅が大きければ大きいほど、取引のリスクも大きいものになってしまいます。
時として、トータル的に負けが大きくなることだってあるんですね。素人だけでなく、プロですら負けが大きくなることがあるのです。

そこで、そんな状況を想定して「保険」のポジションを持ってくことが大切なのです。
その保険こそ「スワップポイント狙いのポジション」です。スワップポイント狙いだと、短い期間で大きく稼ぐことは難しいのですが、コツコツと利益を重ねていって、万が一、変動で損失が出た時の「補填用」として確保しておくのです。

一般的な店頭取引では、損失に対してその税金を翌年に繰り越すことが出来ませんので、スワップポイントのような保険を用意しておくことは非常に大切なことなんですね。
「大きい勝負のためのポジション」と「その保険のためのポジション(スワップポイント)」、今後、FX上級者を目指すのであれば、最低でもこの2つのポジションを持っておくことをオススメします。


「FX投資について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析