「外国為替市場」は24時間眠らない!

「外国為替市場」は24時間眠らない!

為替取引が行われている場所のことを「外国為替市場」と呼んでおり、私たちもこの市場があるからこそ、FX取引が出来るんですね。
ところで、世界には「時差」があります。日本人が眠っている夜の時間帯に、昼間を迎えている国もあるわけです。ということは、時差の関係で外国為替市場は実質的に24時間オープンしていることになります。

現在の世界経済は、世界中で複雑に絡み合っており、それぞれの国の市場が電話回線やインターネット回線などでつながっているんですね。日本国内のFX業者が、メンテナンス時間などを除いて実質24時間の取引サービスを展開しているのも、日本のFX業者が外国の為替市場とつながっている証拠なのです。

そこで、「時差」というキーワードを考えると、日本時間の夜の時間帯は「FX取引に最適な時間帯」と言えるんですよ。世界にはたくさんの為替市場があるのですが、取引量の多い市場がオープンしている時間帯は、変動幅も大きくなります。一方、それほど大きくない市場がオープンしていたとしても、取引量が少ないため、変動幅が大きくなることはありません。

このことを考えると、「大きな市場が同時にオープンしている時間帯」こそ、通貨の変動が最も大きくなる時間帯であるのはお分かりですね。その時間帯こそ、日本の「夜の時間帯」なんですよ。具体的には「夜の10時以降」がオススメ時間ということになります。
この時間帯は、ロンドン市場やフランクフルト市場、また、ニューヨーク市場もオープンしている時間帯ですので、この時間帯を狙って大きな利益を出す方法が、日本国内では可能なのです。

初心者にとっては、変動幅が大きいことは不利かもしれませんが、ある程度FX取引に慣れてきたなら、世界各国の市場のオープン時間帯を調べて、最も変動が大きくなりそうな時間帯を見つけてはいかがでしょうか?


「FX投資について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析