円高でもFXでは利益が出る!?

円高でもFXでは利益が出る!?

リーマンショックで急激な円高が始まったのは記憶に新しいところですが、円高になってFXなどの取引で損をした人も多いことでしょう。しかし、急激な円高になったからこそ、大きく稼いだ人もたくさんいるのです。
FX取引は、証拠金を預けて取引するものであり、専門的には「差金決済」と呼ばれています。実際に物理的に存在する商品を取引するのではなく、その「権利」を売買していると言った方が正しいでしょうか。

さて、このような差金決済の場合、「空売り」というシステムが存在しています。すでにご存じの方も多いと思いますが、空売りについて少しだけ復習してみましょう。

空売りとは、「業者から借りた物を売って、しばらくして買い戻し、買い戻したものを業者に返す」という仕組みです。たとえば、「1万米ドルの空売り」をするとして解説していきます。

あなたは、まず業者から1万米ドルを借ります。次に、借りた1万米ドルを売ります。この時のレートが1ドル100円だと仮定すると、あなたの手元には100万円が入ってきますよね。
そしてしばらく待ってから、売った1万米ドルを買い戻します。この時、レートが1ドル95円にまで円高になっていたとしましょう。となると、買い戻すのに必要な資金は95万円です。最後に、買い戻した1万米ドルを業者に返しておけば「空売り」の完成です。

いかがですか?空売りが完成したあと、あなたの手元には5万円が残りましたよね。この5万円こそ、空売りによって生まれた「利益」なのです。つまり、空売りは一般的な売買とは全く逆の仕組みになりますので、FXで「米ドル/円」のポジションの場合、円高になればなるほど、空売りのテクニックを活用することで利益が上がる仕組みなのです。

金融不安が拡大すると、必ずどこかの通貨に資金が集まります。この時を狙って空売りのテクニックを使い、不安でモタモタしている人を尻目にFX取引で大きく稼いでおきましょう。


「FX投資について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析