初心者は1000通貨単位から始めよう

初心者は1000通貨単位から始めよう

これからFXを始めてみようと思っている人や、すでに取引を始めているけれどまだ初心者だと思う人は、是非1000通貨単位での取引をおススメします。

数年前までは取引の最小単位は10000通貨が一般的でした。FXブームもあり多くの人が取引に参加するようになりましたが、多額の損失を出す人が多数出てきたことも事実です。初心者の方には、わかってはいるつもりでもリスク管理がうまくできない場合もあるようです。
そういったさまざまな背景から、各FX業者は1000通貨単位での取引を導入してきました。

1000通貨単位で取引するメリットを挙げてみると、

・必要証拠金が少なくなる。(少額の資金でも取引が可能、より低レバレッジでの運用につながる)
・デモトレードと違い、リアルトレードなので実践感覚が身に付く。
などがあります。

もちろん、利益になった場合も金額が少なくなってしまいますが、利益を追求することよりも安定した手法を身につけることが目的だと考えましょう。

最近では1000通貨単位での取引ができるFX業者は増えてきていますし、手数料無料のところもあります。会社の信頼性や取引システムの使いやすさなどを総合的に考えて、自分に合ったFX業者を選ぶようにしたいですね。

1000通貨単位の取引で安定した成績が残せるようになってから、10000通貨単位にしたほうが良いでしょう。通貨単位が増えれば利益が増えますが、同時に損失も増えます。相場という厳しい世界で生き残るには徹底したリスク管理が必要になってきます。

投資の目的は資産を増やすことにあります。長期的な運用を可能にするためにも、あせらず1000通貨単位での取引で投資の勉強をしてみてはいかがでしょうか?


「FX投資について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析