NY市場の「終値」と東京市場の「始値」

NY市場の「終値」と東京市場の「始値」

取引が開始された時点での価格を「始値」と呼んでおり、この始値からその日の取引がスタートするのですが、始値の時点で注意すべき点について、皆さんはご存じでしょうか?

日本の最も大きな証券取引所と言えば「東京市場」ですが、東京市場は「ニューヨーク市場」と深い関係を持っていると言えます。日本とアメリカの経済関係そのものが深いことも1つの理由ですが、関係が深い「最大の理由」、それこそ「オープン時間が、ほぼ一続きになっている」ということです。

時差の関係から世界各国の証券取引所のオープン時間帯は異なるのですが、アメリカのニューヨーク市場がクローズすると、わずかその1時間後に東京市場がオープンするのです。また、両国の経済的な結びつきが深いことを考えれば、前日のニューヨーク市場の動向が東京市場に与える影響が大きいのは言うまでもありません。

したがって、前日のニューヨークで「ダウ平均株価」などが大きく値を下げれば、翌日の東京市場も「下げ」から取引が始める傾向にあり、この時に大きく変動する可能性が大きいと言えるんですね。

もちろんこの逆も考えられます。前日のニューヨークでダウ平均株価などが大きく値を上げれば、その翌日の東京市場でも始値の時点から大きく値を上げることもあり、まさに「一心同体」と言っても過言ではないのが日本とアメリカの関係なのです。

投資初心者の方は、どうしても日本国内の数字ばかりに目を向けてしまい、なかなか世界の数字に目を向けることはありません。しかし、CFD取引などでは世界中への投資が可能になるため、普段から世界中の株価指数などを見ておくことが大切なんですね。
その意味でも、日本人に最もなじみの深い世界の株価指数である「ダウ平均株価」くらいは、日ごろからチェックするクセを付けておきましょう!


「CFD用語集」記事メニュー

QLOOKアクセス解析