CFDの株式投資で「ナンピン」を活用してみよう!

CFDの株式投資で「ナンピン」を活用してみよう!

CFD取引のみならず、投資の世界ではリスク管理を徹底しておくことが大切ですが、「ナンピン」という手法をご存じでしょうか?
なかなか面白い手法ですので、ぜひ勉強して、必要な場合は使いこなせるようになっておきましょう。

CFD取引では株式も取引できます。そこで、ある銘柄を「1枚1000円」で購入したとします。これを別の表現で言いかえると、「あなたが保有している銘柄の、1枚あたりの購入価格は1000円」ということになりますね。当然ですよね。1枚1000円で購入したのですから、1枚あたりの購入価格が1000なのも当たり前です。

ところが、ここから相場が不利な方向に動いて、1枚800円にまで下落したとしましょう。ではここで質問を出してみましょう。現在の価格である「1枚800円」の状態から、損益ゼロにするためには「どれだけの値戻り」が必要でしょうか?これも簡単な質問ですね。「1000円→800円」になったわけですから、「200円の値戻り」が正解です。では、次の質問はどうでしょうか?

「本来なら200円の値戻りが必要な状態において、100円だけの値戻りで損益ゼロにする方法とは何でしょうか?」という質問です。いかがですか?これには少し頭を悩ませてしまいますね。
しかし、これを可能にする方法こそ「ナンピン」なのです。

本来なら200円の値戻りが必要な状況で、100円だけの値戻りで損益ゼロにする方法、その答えは「1枚800円の時に、もう1枚購入する」というものです。最初の購入時は「1枚1000円」でしたので、800円になった時点で「200円の損失」が出ています。

しかし、800円の時にもう一枚購入しておくと、「800円→900円」と、価格が「100円」上昇すると「100円」の利益が出る計算になりますよね。また、最初の購入した1枚の損失も「200円→100円」に圧縮されることになります。つまり、「圧縮された損失分」と「2枚目に出た利益」が相殺され、結果として損益が「ゼロ」の状態に出来るのです。

いかがですか?「価格が下落している時にさらに購入をして、1枚あたりの購入平均価格を下げ、少しの値戻りで損益をゼロに近づける」というのが、「ナンピン」というテクニックなのです。ナンピンは、下落した価格に「上昇気配」が見られる時に「いち早く損失を取り戻す」ことが可能な方法ですが、逆にそれ以上下落すれば損失分も倍増してしまうというデメリットを含んでいます。

したがって、ナンピンをする場合は必ず「反発して上昇する」という気配が見える時にしておきましょう。


「CFD用語集」記事メニュー

QLOOKアクセス解析