「IMF」の動きに注目してみよう!

「IMF」の動きに注目してみよう!

「IMF」について知っておくことも、「経済通」としてCFD取引の上級者への仲間入りを果たすために必要なことです。そこで、今回は「IMF」について、その役割と仕組みを勉強してみましょう。

「IMF」は「International Monetary Fund」の略称で、日本語では「国際通貨基金」と訳すことが出来ます。
この「IMF」の最も大きな「仕事」とは、「通貨の安定化」です。たとえば、経済成長を続けているものの、世界的な通貨の流通量が少ない、あるいは政情がまだまだ不安定であるため、その国の通貨価格がなかなか安定しないとします。

このような状況の場合、投資家は「資金流入+資金の引き揚げ」を繰り返しますので、ますます通貨の安定が損なわれてしまいます。通貨の安定が損なわれてしまうと、安定して資金がその国に流入しませんので、外貨流入による経済政策が行いにくい状況になるんですね。

簡単に説明すると、「お金が入ったり、無くなったりするので、きちんとした計画が立てられない…」という状況です。となると、せっかく経済成長を続けているのに、安定して成長を続けるのが難しくなってしまいます。

「IMF」は、このような状況を防ぐため、成長を続けているものの、なかなか通貨が安定しない国に対して融資を行い、出来るだけ通貨が安定した状態をキープするよう努力しているのです。
こうすることで、その国は安定して経済成長を続けることができ、その後、十分に経済が発展したときに他国への融資を行ったり、あるいは世界中の投資家から資金を集めてさらに発展を計画することが出来るのです。

現在では、IMFの融資先として主に発展途上国が選ばれています。世界での経済格差を小さくすることを目的としているのですが、IMFの決定次第で発展途上国の経済に大きな影響を与えることもありますので、CFDの上級者を目指すのであれば、やはりIMFの動向にも注目しておきたいですね。


「CFD用語集」記事メニュー

QLOOKアクセス解析