「ファンダメンタルズ分析」で経済分析をしよう!

「ファンダメンタルズ分析」で経済分析をしよう!

FX取引やCFD取引をする場合、その通貨や投資商品が取り扱われている国や地域の経済を分析することが大切です。投資家は経済不安に敏感なので、様々な角度から経済情勢を判断して、出来るだけ不安の少ない国の通貨や投資商品を選んでおきましょう。

そこで注目したいのが「ファンダメンタルズ分析」です。「ファンダメンタルズ」とは、「雇用」や「製造」などの経済情勢を示す数値の総称で、これらを見ることでその国や地域の経済情勢を知ることが出来るのです。

前述の通り、ファンダメンタルズには様々な数値があるのですが、まず注目したいのが「雇用」です。雇用が悪くなれば、当然ですが「個人消費」が落ち込みます。「個人消費」が落ち込めば、需要が少なくなるため「製造」が悪くなります。「製造」が悪くなれば、企業は利益確保のために人件費を削減したりリストラを加速させたりします。

するとさらに雇用が悪くなるなど、これを経済の専門用語で「デフレ・スパイラル」などと呼んでいるんですね。したがって、数あるファンダメンタルズの中でもまずは「雇用」に注目して、その国や地域の雇用情勢を確認しておきましょう。

過去の雇用情勢と比較して、改善傾向が見られるなら株価も上がる可能性があり、また、投資家が資金を投入するため、通貨の価値も上がる可能性が高いと言えます。

ファンダメンタルズは、「どこに投資をすれば安全か?」を見極める上で欠かせない数値です。ぜひそれぞれのファンダメンタルズを分析して、賢い「投資選び」をしておきましょう!


「CFD用語集」記事メニュー

QLOOKアクセス解析