「FRB」は世界の中央銀行だ!?

「FRB」は世界の中央銀行だ!?

「FRB」という言葉、投資の初心者の皆さんでも一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか?
しかし、詳しく知らない人も多いと思いますので、ここでFRBについてしっかりと勉強しておきましょう。

通常、1つの国には「中央銀行」と、その中央銀行に加盟している「民間銀行」があります。日本の場合、「日本銀行」が中央銀行であり、「みずほ銀行」や「三菱東京UFJ銀行」などが「民間銀行」として有名ですね。「FRB」とは、アメリカの中央銀行のことで、日本語で「連邦準備制度理事会」と呼ばれています。

FRBや日本銀行などの中央銀行には、民間銀行には存在しない様々な「権利」を持っており、これらを見ることは投資をする上で欠かせないことと言われているのです。
その最も大きなものが「政策金利の決定権」ですね。

政策金利とは、国が設定する「金利の基本値」であり、私たちが住宅ローンを組むときなどの金利の基礎となる数字のことです。政策金利が低いと、民間銀行の金利も低くなりますので、借金をしても返済金利を低く抑えることが出来ます。一方、政策金利が上昇すると、その分だけ民間銀行の金利も上昇しますので、「返済金利が高い→借金をしにくい」という構図が成立するわけです。

「借金をしにくい」ということは、経営が苦しい企業にとっては致命的です。経営を持続させるために必要な資金を借りることが難しくなりますので、倒産企業の数が増えてしまうためです。
したがって、景気が悪いと政策金利は下がる傾向にあり、景気がよくなると政策金利も高くなるという「方程式」が成立することはお分かりでしょうか?ということは、政策金利の動向を見ることで、その国の景気動向を簡単に知ることが出来るのです。

このように政策金利はその国の景気を知る上で欠かすことが出来ない「景気判断要素」であり、その決定権を持っているのが各国の中央銀行なのです。しかも、アメリカの中央銀行である「FRB」の動向は世界中が見守っており、FRBの決定1つで世界の景気が動くときもあるんですね。
皆さんも、CFDやFXなどの投資をする時には、ぜひFRBの決定などに注意して行うようにしましょう。


「CFD用語集」記事メニュー

QLOOKアクセス解析