必ず「終値」は毎日チェックしておこう!

必ず「終値」は毎日チェックしておこう!

CFDで株式の取引をしている場合、必ず前日の終値はチェックしておきましょう。前日の終値の動向によって、翌日の取引が「買い」から始めるのか、あるいは「売り」から始めるのかを予想することが出来ますし、むしろ、CFD取引だからこそ終値をチェックしておく必要が高いと言えるのです。

たとえば、CFDではなく一般的な株式投資を行っている場合、「空売り」という手法が存在していませんので、翌日の取引が「売り」から始まりそうな気配でも何の手を打つことも出来ません。「あ〜ぁ、明日も下がりそうだな…。まぁ、しばらく塩漬けにしておくか…」というのが精一杯でしょう。

しかしCFDには「空売り」という手法が存在しています。つまり、あなたが取引をしている銘柄が値を下げたとしても、利益を狙えるチャンスが転がっているということです。したがって、前日の終値から翌日の取引を予想して、「売り」が先行しそうなら「売りポジション」にポジションを変更しておき、取引開始時から利益に結びつくようにしておくことが大切なのです。

また、日本の市場の終値だけでなく、日本の市場に大きな影響を持っている「ニューヨーク市場」の終値にも着目しておきましょう。もちろん例外もあるのですが、ニューヨーク市場の「ダウ平均株価」が終値の時点で下がっている時、ニューヨーク市場がクローズしてから約1時間後にオープンする東京市場も「下げ」から取引が始めることが多いんですね。

また、ダウ平均株価の推移を「ローソク足」などのテクニカルでチェックしておくことも大切ですね。1日1日の終値をチェックするだけでなく、中期的、あるいは長期的なスパンで様々な指標を「終値の観点」からチェックしておくと、あなたのCFD取引の大きな武器になることでしょう。


「CFD用語集」記事メニュー

QLOOKアクセス解析