CFD取引で「テクニカル分析」を活用してみよう!

CFD取引で「テクニカル分析」を活用してみよう!

「FX取引」や「CFD取引」、また株式投資でも相場予想の「強い味方」となる「テクニカル分析」ですが、初心者の皆さんにはなかなかむずかしいものですね。
しかし、テクニカル分析は相場の予想をする上で欠かせないものであり。ある程度のテクニカル分析を活用することは、CFD上級者の仲間入りを目指すためにも絶対に必要なことなんですね。

そこで、初心者の皆さんでも使いやすいテクニカル分析をいくつか紹介して、今後、使いこなせるようになっておきましょう。

まず紹介したいのが「ローソク足」ですね。日本人が開発したテクニカル分析であり、今では世界中で活用されています。ローソク足は、その形が「ローソク」に似ていることから名付けられたのですが、変動の「周期」や「クセ」などを見極めるために有効なものです。

たとえば、リーマンショックのような大きな経済事変がない時は、相場は安定して変動することになります。しかし、「どのように安定して変動するのか?」に関しては、金融商品によって異なりますし、また、取引の「時間帯」や「時期」によっても異なります。
したがって、同じ金融商品でも同じパターンで変動するということはないんですね。そこで、ローソク足を使って、そのタイミングでの「変動のクセ」を見抜くことが大切なんですよ。

また、「移動平均線」に関しても勉強しておきましょう。「移動平均線」とは、毎日の平均価格を線で結んだもので、平均価格の推移を知る上で有効な「線」になります。
さらに、移動平均線を見る時は「長期移動平均線」と「短期移動平均線」も一緒に見ておきましょう。

短期移動平均線は、まさに「直近の平均価格」を線で結んだもので、この数日間の最新の変動を知る上で大切なものです。この短期移動平均線が長期移動平均線を上に抜いた時、つまり、長期的な変動と比べて、直近のデータが上方向に向き始めたという状況ですね。
この2つの線がクロスする点を「ゴールデンクロス」と呼んでおり、「買いタイミング」と言えるんですよ。もちろん、だからと言って「100%上昇する」とは言えませんが、注文を入れる1つの目安にはなると思いますよ。


「CFD用語集」記事メニュー

QLOOKアクセス解析