「ブレイクアウト」のタイミングを見極めよう!

「ブレイクアウト」のタイミングを見極めよう!

投資の専門用語である「ブレイクアウト」をご存知ですか?「ブレイクアウト」のタイミングを狙って取引をすると、大きな利益になって返ってくる可能性が高いのです。
そこで、「ブレイクアウト」の意味とタイミングについて勉強しておきましょう。

まず、あなたが取引している商品の「価格推移」をチャートに表示してください。そして、同時に「上値抵抗線」も表示してみましょう。「上値抵抗線」とは、毎日の「最高値」を線で結んだものであり、最高値の推移を見ることが出来る線です。

「ブレイクアウト」とは、「価格が上値抵抗線を超える」という意味であり、これまでの価格の上限を超えて上昇し始めた瞬間と言えるでしょう。こうなると、価格はさらに上昇する傾向にあり、このタイミングを狙って取引をしておくと大きな利益になりやすいのはお分かりですね。

しかし、「ブレイクアウトになるかも…」と思って、ブレイクアウトになる前に「買い注文」を多く入れる人がいます。もちろんそれでも構わないのですが、「出来高」が伴っていない上昇の場合、「ブレイクアウトになる寸前に下落し始めた…」なんてこともあるのです。

「出来高」とは「取引量」のことであり、「出来高が少ない」とは「あまり取引されていない」ということです。
したがって、わずかな取引量で変動が起こる可能性があるため、ブレイクアウトになる寸前に大きく下落を始めることも珍しくないんですね。

そこで、ブレイクアウトの気配が見えたなら、必ず「出来高」も確認しておきましょう。出来高が多い、つまり、取引が活発に行われているのであれば、ブレイクアウトが現実のものになる可能性が高く、まさに「買いのタイミング」と言えるでしょう。


「CFD用語集」記事メニュー

QLOOKアクセス解析