「TOPIX」と「日経平均株価」の違いとは?

「TOPIX」と「日経平均株価」の違いとは?

CFD取引やFX取引、あるいは株式投資の初心者の皆さんにはよくある疑問だと思いますが、テレビのニュースでもよく耳にする「日経平均株価」と「TOPIX」、この2つの違いは何でしょうか?取引のスタイルによって重視する方が変わってきますので、ぜひここでしっかりと勉強しておきましょう。

まず「日経平均株価」ですが、これは「日本経済新聞」が毎日発表している株価指数です。東京証券取引所の「第一部」に上場している銘柄の中から、様々な業種の主要銘柄「225種類」をピックアップして、それらの「平均株価」のことを「日経平均株価」と呼んでいるんですね。

東京証券取引所は、日本国内では最大の証券取引所ですので、日経平均株価が日本経済全体の動向を知る意味でも重宝されているんですよ。ところが、最近になって「より細かい全体的な経済動向を知りたい!」、あるいは「機関投資家の運用実績を細かく見たい!」という人が増えているため、それまであまり見向きもされなかった「TOPIX」が存在感を増しているのです。

日経平均株価が東証第一部の「主要225銘柄」であるのに対して、TOPIXが対象としているのは東証第一部の「全銘柄」です。つまり、株式発行数や時価総額に関係なく、東証一部に上場している銘柄の全てが対象になっているのが大きな違いです。

また、TOPIXは平均株価ではなく、「ある時期を基準に、どれだけ上がったか、あるいは下がったか?」というのを表しており、経済全体の動向を知ることはもちろん、「株価の変動の推移」を知る上でも大切な指数なんですね。とくに機関投資家による複数のポートフォリオの「運用実績」を見る意味では、TOPIXは非常に重要な指数と言えるでしょう。


「CFD世界に拡がる取引銘柄」記事メニュー

QLOOKアクセス解析