「S&P500」でアメリカ経済の動向を見てみよう!

「S&P500」でアメリカ経済の動向を見てみよう!

ある国の経済の全体的な動向を知りたい場合、役に立つのが様々な「指数」です。日本では「日経平均株価」などが最もポピュラーな指数として有名ですね。では、アメリカの場合はどうでしょうか?最も有名なのが「ニューヨーク証券取引所」の「ダウ平均株価」だと思いますが、機関投資家などは「S&P500」という指数を目安に取引していることが多いのです。

「S&P500」とは、「S&P社(スタンダード・アンド・プアーズ社)」が1923年から毎日公表している株価指数で、対象になっているのは「ニューヨーク証券取引」、「アメリカン証券取引所」、「NASDAQ」に登録されている「500銘柄の株価」を時価ベースで平均化し、指数化したものです。

この「S&P500」が対象としている500銘柄は、ニューヨーク市場では時価総額の約80%にまで上るため、まさに「全体的な動向を見る」という意味では最適な株価指数と言えるかもしれません。「じゃあ、別にS&P500でなくても、ダウ平均株価を見ていれば良いのでは・・・?」と思ってしまうそうですが、たしかにニューヨーク証券取引所だけの動向を見るならダウ平均株価で十分です。

しかし、アメリカには複数の証券取引所が存在しており、上記の通り、ダウ平均株価では「アメリカン証券取引所」の細かい動向は分からないんですね。だからこそ、より全体的な経済の動向を知るためにも、複数の証券取引所の銘柄を指数化した「S&P500」が注目されているのです。

さらに、S&P500の指数そのものが投資対象になっており、日本の「日経225」のように指数で取引をすることも可能です。アメリカ経済全体の動向で取引をしたいと考えるなら、一度「S&P500」を検討してはいかがでしょうか?


「CFD世界に拡がる取引銘柄」記事メニュー

QLOOKアクセス解析