「日経平均株価」を勉強しよう!

「日経平均株価」を勉強しよう!

「日経平均株価」という言葉、皆さんも一度は聞いたことがあると思いますが、具体的にはどのようなものなのでしょうか?これから投資を始める皆さんにとって、日経平均株価はかなりお世話になる数字だと思いますので、ぜひここで勉強しておきましょう。

「日経平均株価」は、東京証券市場の1部に上場している銘柄の中から、様々な業種の「主要銘柄225種類」をピックアップして、それらの銘柄の株価の「平均価格」のことです。

ピックアップされている銘柄が色々な業種から選ばれていること、また、企業形態なども多岐にわたるため、まさに日本の株価推移の「縮図」と呼ばれるのが「日経平均株価」なんですね。
このように、縮図のように株価の推移の目安となるものを「株価指数」と呼んでおり、日本国内では日経平均株価の他にも「TOPIX」などが有名です。

さて、日経平均株価は株価の推移の目安になるだけでなく、それ自体が「投資の商品」にもなっています。つまり、「日経平均株価」を1つの金融商品として売買することで、利益(損失)を出すことも可能なんですね。これを「日経255」と呼んでおり、「現物」や「先物」など、様々な方法で投資をすることが出来ます。

以前の「日経225」は、1枚あたりの値段が高く、手数料も高かったことから、個人投資家には敬遠されていましたが、現在では手数料も安くなり、また、「10分の1」の規模で取引が出来る「日経225ミニ」という商品が発売されてからは、多くの個人投資家の方が取引をされています。

株価指数での取引は、様々な銘柄に投資をしていることと同じであり、これは、「様々な業種の銘柄に分散投資をしている」ということと同じなんですね。したがって、このような株価指数での取引は、むしろ投資の初心者に向いていると言われており、ぜひ皆さんも検討してみてはいかがでしょうか?


「CFD世界に拡がる取引銘柄」記事メニュー

QLOOKアクセス解析