株価指数CFD取引が人気の理由

株価指数CFD取引が人気の理由

個別銘柄ではなく、様々な株価指数でのCFD取引が活発になっていますね。とくに、CFDでの株価指数は「とても有利な取引」と言われることもあり、どんどん利用者が増えているんですよ。そこで、なぜそこまで人気を集めているのか、その理由について知っておきましょう。

そもそも株価指数での取引とは、株価指数を計算する対象になっている全ての銘柄に「分散投資」をしていることと同じなんですね。
たとえば「日経225」の場合、東証一部に上場している主要銘柄225種類の平均株価であるため、「225銘柄に分散投資をしている」と言えるんですよ。これは初心者にとっては嬉しいことです。

というのも、個別銘柄であれば、市場全体の動向だけでなく、その個別銘柄の動向も見ておく必要があり、見るべきポイントが株価指数よりも多いんですよ。しかもCFD取引は世界の株式を取引していますので、日本の銘柄でさえ難しいものを外国の銘柄でできるはずがありません。

そこで、CFD初心者で、「外国に投資をしたい!」と考えるのであれば、まずは「株価指数」での取引で勉強をしておきましょう。個別銘柄に対してピンポイントに投資をするのは、その後でも決して遅くはないのです。
また、CFD取引では「売り注文」から入る「空売り」というテクニックが存在しています。したがって、経済状況が悪くなって指数が下がったとしても、利益を狙える余地が残されているということです。

「分散投資と同じ意味」と「空売りできる」、この2つこそ、CFDでの株価指数取引が活発になっている理由と言えるでしょう。


「CFD世界に拡がる取引銘柄」記事メニュー

QLOOKアクセス解析