「OCO注文」で利益確定とロスカットを同時にしよう!

「OCO注文」で利益確定とロスカットを同時にしよう!

CFD取引やFX取引には様々な「注文方法」があります。自分で好きなときに注文を入れて、満足した結果の時に確定する注文方法を「成り行き注文」と言いますが、CFD初心者の皆さんのほとんどがこの注文方法だけを実践しておられると思います。
しかし、複数のポジションをたてたり、外出している時間帯のリスク管理を考えた取引を目指す場合、成り行き注文だけでは心細いと言えるのです。そこで、「OCO注文」という方法を勉強してみましょう。

「OCO注文」を簡単に説明すると、「2つの注文を同時に出しておき、片方が約定したら、もう片方がキャンセルになる」というものです。具体的な数字を使って説明していきます。

たとえば、ある銘柄を「1000円」のときに「買い注文」を入れたとします。ここであなたが、「う〜ん、1100円になったら利益確定しておこう。でも、下がった場合も考えて、900円になったら損切りだ!」と考えたとしましょう。そして、その銘柄が実際に1100円にまで値上がりしたとします。すると、OCO注文が実行され、売り注文が自動的に入ることになります。それに伴い、「900円になったら売ってください」と、もう1つ設定していた注文がキャンセルになるという仕組みです。

いかがですか?これがOCO注文の仕組みです。あらかじめ最初の注文を入れておき、そこからの「利益確定」と「ロスカット」の注文を同時に出しておくことが出来る注文方法なんですよ。したがって、複数のポジションをたてていて、なかなか1つ1つを細かく見られないときや、外出している時間帯の値動きに関して、リスク管理も考えた取引が可能になるのです。
仕組み自体はとても簡単なものですので、皆さんも勉強してできるようになっておきましょう!


「CFD取引方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析