「買い戻し」が決め手の「空売り」とは?

「買い戻し」が決め手の「空売り」とは?

最近よく耳にする言葉に「空売り」という専門用語がありますが、CFD取引やFX取引をする上で欠かすことが出来ない専門用語ですので、ぜひここでしっかりと勉強しておきましょう。

空売りを簡単に説明すると、「借りた銘柄や通貨を売って、あとから買戻して業者に返す。そのときに手元に残った差額が、利益or損失になる」というものです。具体的な数字を使って解説していきましょう。

たとえば、A社の株を「1株1000円」の時に空売りするとします。このとき、あなたはCFD業者から株を「借り」ます。そして、借りた株を売れば「1000円」があなたの手元に入ってきますね。そしてしばらくしてから、売った株を買い戻すのです。この時、A社の株が「1株900円」に値下がりしていたとしましょう。すると、買戻しに必要は資金も900円になりますので、それを業者に返してもあなたの手元には「100円」が残ることになります。この「100円」こそ、「利益」として受け取れるのです。
いかがですか?空売りの仕組みは理解していただけたでしょうか?

一般的な株式投資や外為の場合、買ったものの値段が上がれば「利益」になり、下がれば「損失」になります。しかし空売りの仕組みを利用すると、逆に買ったものが値下がりすると「利益」になるんですね。
したがって、リーマンショックの時に大きく損をした人がたくさんいた中で、空売りのテクニックを駆使した人は大きく稼いでいたんですよ。空売りは、一部の経済評論家から規制を求める意見が聞かれますが、それでも立派な取引のテクニックの1つです。経済状況を見て、「この銘柄、価格が下がりそうだな・・・」と感じたなら、空売りという手法で底から利益を狙うこともできるんですね。


「CFD取引方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析