「逆指値」でリスク管理を考えた取引をしよう!

「逆指値」でリスク管理を考えた取引をしよう!

CFD取引には様々な注文方法があります。相場の成り行きを見て、好きな時に買い(売り)、好きな時に売る(買う)というスタイルの注文を「成り行き注文」と言うのですが、注文方法はそれだけではないんですね。そこで、リスク管理を考える意味でも「逆指値注文」という方法を勉強してみましょう。

たとえば、「1株1000円」で買い注文を入れた場合、価格が下落した時のリスクを考えて、「1株900円になったら売ってくださいね」と、チャートに設定しておく注文方法があるのです。
この方法を活用すると、たとえ相場が荒れて価格が大幅に値下がりしたとしても、「1株900円」になった時点で自動的に売り注文が出ますので、大損から自分を守ることができます。これを「逆指値注文」と呼んでいるのです。

また、サラリーマンの方が昼間働いている時や、どうしてもパソコンの前から離れる必要があるときなど、下落のリスクを考えて全てのポジションを決済する方法もあるのですが、それだとまた最初から注文を入れなおす必要があります。面倒ですし、手数料だって膨らんでしまいますね。
そこで、そのような場合に逆指値の注文を入れておくと、面倒な注文の打ち直しや手数料もなく、スムーズに取引を継続させることができるわけです。

また、「逆指値」の反対語に「指値注文」というものがあります。これは、「1株1000円」で買い注文を入れた場合、「1株1100円になったら売ってくださいね」と、利益確定を見越した注文方法なのです。
「逆指値注文」と「指値注文」、リスク管理と利益確定を狙える注文方法ですので、ぜひ皆さんも出来るようになっておきましょう。


「CFD取引方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析