CFD取引の「トレール注文」でリスク管理をしてみよう!

CFD取引の「トレール注文」でリスク管理をしてみよう!

CFD取引などの投資には、様々な「リスク管理テクニック」が存在しています。投資の初心者の方は、これらのテクニックをうまく活用できていないことが多く、そのために大きな損失を背負うこともよくあるんですね。「ロスカット」や「マージンコール」などは初心者でもわかりやすい方法として有名ですが、ここで「トレール注文」という方法を勉強してみましょう。
ここでは分かりやすいように、「米ドル/円」の通貨ペアで説明していきます。

たとえば、現在の相場が「1米ドル=100円」で、米ドルの買いポジションを保有している状況を想像してください。ところが、しばらくすると「1米ドル=99円50銭」まで下がってしまいました。つまり「含み損」が出ている状態ですね。このとき、これ以上損失が拡大するのを防ぐために「逆指値注文」という方法があります。

「今のレートが99円50銭だから、99円にまで下がったら自動的に決済してくださいね」というものです。こうすることで、気付かないうちに損失が拡大するのを防ぐことが出来ますし、「損失を限定することが出来る」というのが逆指値注文の特徴です。しかし、現在のレートである「99円50銭」から、「100円50銭→99円」のように、「一度上昇してから99円まで下がる」という場合はどうでしょうか?

この場合、「100円50銭」になった時に気づいて決済しておけば利益が出ますが、「外出していた」や「他のポジションを見ていた」などで気付かなかった場合、せっかくの利益を見逃しただけでなく、損失まで出てしまうことになります。これはかなり「悔しい」と思いませんか?
「トレール注文」とは、このような悔しい結果を防ぐためにあるものです。

たとえば上記の例のように、「1米ドル=100円」の時に米ドルの買いポジションを入れて、現在の価格が「99円50銭」だとします。そして、この時点で「99円」の逆指値注文を入れたとしましょう。ところが、上記の例で言うと、実際の相場は意に反して上昇しましたよね。
このように、意に反して相場が有利な方向に動いた場合、「逆指値の価格も上がる」というのが「トレール注文」なのです。そこでもう一度、上記の例を見てください。

逆指値注文を入れたのが「99円50銭」であり、逆指値注文の価格が「99円」です。つまり、その「差」は「50銭」ということになりますね。このように、「現在の価格−(+)逆指値の価格」、この場合は「50銭」ですが、これがトレール注文の「基準」となるのです。

したがって、レートが「100円」になると、逆指値注文の価格も「50銭」上昇して、「99円→99円50銭」に設定し直されるという仕組みです。この場合の基準は「50銭」なので、「現在の価格からの損失の最大幅が50銭以内」になるよう、逆指値の価格を設定し直す方法を「トレール注文」と呼んでいるのです。

初心者には少し難しいかもしれませんが、何回か注文方法を練習するとすぐに使えるようになると思いますので、ぜひ使いこなせるようになっておきましょう!


「CFD取引方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析