CFD取引が「証拠金取引」であるメリットとは?

CFD取引が「証拠金取引」であるメリットとは?

一般的な株式投資の場合、「買う→値段が上がる→売る→利益になる」という図式になります。非常に分かりやすいですが、「値段が上がらないと利益になりにくい」というデメリットもあるんですね。このデメリットを解消したのが「証拠金取引」であり、「差金決済」とも呼ばれています。

「証拠金取引」とは、業者に一定金額のお金を預けて、それを「担保(証拠金)」として取引する方法です。
したがって、実際の取引に使用されているのは「あなたのお金」ではなく、業者の「お金」や「資産」であると覚えておきましょう。そして取引の結果、利益が出れば手数料などを差し引いて残った分があなたに返ってきて、逆に損失が出れば、その分が「担保」から差し引かれる仕組みなんですよ。

さて、このような取引の方法を「証拠金取引」と呼んでいるのですが、証拠金取引には、一般的な投資にはない「メリット」がたくさんあることを勉強してみます。
まず「レバレッジ」ですね。一般的な株式投資にも「信用取引」という制度がありますが、それ以上の倍率が可能になったり、設定や審査が簡単だったりなど、FXやCFD取引のレバレッジの方が「融通が利きやすい」と言えるのです。

また、証拠金取引の最大のメリットこそ「空売り」だと言えます。「空売り」とは、「借りた物を売って買い戻し、それを元の所有者に返す」という仕組みなのですが、この場合、価格が下落した方が利益になる仕組みだと思ってください。

したがって、証拠金取引の場合、価格が上がろうが下がろうが、「どちらでも利益が狙える」というメリットがあるんですね。その分だけ取引は複雑になるのは仕方ありませんが、しっかりと勉強をして「証拠金取引でどちらからでも利益を狙う!」という感覚を身に付けておきましょう!


「CFD取引概要」記事メニュー

QLOOKアクセス解析