「スプレッド」を重視する意味とは?

「スプレッド」を重視する意味とは?

スプレッドとは、「売値」と「買値」の「差」のことであり、「1ドル100円10銭〜13銭」のように、この「3銭」の差を「スプレッド」と呼んでいるのです。とくにFX取引の世界ではよく聞く言葉ですね。
FX業者のホームページは資料を見ていると、「スプレッド1銭!」なんて宣伝文句をよく見かけます。具体的な数字を遣って詳しく解説していきましょう。

たとえば、「米ドルのスプレッド1銭!」と書かれている場合、「1ドル(1通貨)あたり、1銭の手数料が必要」ということになります。たとえば「10000ドル」を取引している場合、これは「10000通貨」になりますので、「1銭×10000通貨=100円」の手数料が必要だという計算になります。これが「スプレッド」なんですね。
私たち利用者にとっては、当然ですがスプレッドは小さいほど「嬉しい」ということになります。

さて、スプレッドは「業者選び」の大きなポイントにもなっています。スプレッドが小さい方が、利用者には「お得」なのですから、少しでも小さい業者を選ぶのは「自然な考え方」だと言えます。しかし、あなたにとってスプレッドを業者選びのポイントにするべきかどうか、これについてもう一度考えてみましょう。

スプレッドは「1通貨あたりの手数料」ですから、取引回数が多い人ほどスプレッドの額も大きくなります。
したがって、デイトレ派のように細かい取引を何回も繰り返す人であれば、やはりスプレッドが小さい方が良いですね。ところが、「スワップポイント狙い」のように取引回数が少ない場合、スプレッドの大きさは「あまり関係のないこと」だと言えます。

つまり、取引回数が少ない人は、「もっと別のポイントを見て業者選びをするべき」と言えるんですよ。スワップポイント狙いの人であれば、当然ですがスプレッドよりもスワップポイントを重視すべきですし、外貨同士で通貨ペアを立てている人は、自動円転のサービスを提供している業者などを選んでおくと効果的です。

このように、スプレッドは業者選びの大きなポイントになっているのですが、必ずしも全員にスプレッドが大きなポイントになるとは言い切れません。スプレッドを重視して業者選びをすることが、本当にあなたの取引スタイルに適しているのかどうか、もう一度考えた上で決めるようにしておきましょう!


「CFD取引概要」記事メニュー

QLOOKアクセス解析