CFD取引の「使用可能保証金」でポジションを複数建ててみよう!

CFD取引の「使用可能保証金」でポジションを複数建ててみよう!

CFD取引では様々な金融商品を取引できますが、「複数の商品」で取引することもオススメです。
金融商品には、直接的、あるいは間接的に「関係」を持っているものがあるんですね。

たとえば「金」と「外貨」がその関係性になります。「金」と「外貨」は、一見すると何の関係もないように思えますが、「外貨市場」が冷え込んだ時などは「金の市場」に資金が多く流れる傾向にあるんですよ。
また、「金」と「株式」も同じ関係と言えます。「株式市場」が冷え込んだ時には、資金の多くが「金の市場」に流れる傾向にあるんですね。

したがって、もしあなたが外貨取引をしており、今後、外貨市場が冷え込みそうな気配を感じたなら、資金の一部を金市場につぎ込む方法がオススメと言えます。こうすることで、たとえ外貨市場で損失を出したとしても、その損失分を金の市場で取り戻せる可能性があるんですよ。
これを専門用語で「分散投資」と呼んでおり、リスクを考えた投資を目指すなら、必ず複数のポジションを建てて分散投資をしておきましょう。

そこで、あなたの口座の「使用可能保証金」を確認してください。「使用可能保証金」とは、あなたの口座にある保証金の「未使用分」であり、まだ活用されていない保証金のことです。「余っている保証金」と言った方が分かりやすいでしょうか?

使用可能保証金をそのまま放っておいても良いのですが、やはり活用して効率よく運用した方が賢いですしね。したがって、あなたの口座に現在眠っている使用可能保証金を確かめて、ぜひ他の金融商品に分散投資をしておきましょう。
こうすることで、運用効率が上がるだけでなく、リスク管理も行き届いた投資が可能になるんですね。


「CFD取引概要」記事メニュー

QLOOKアクセス解析