CFD取引の「注文方法」を勉強しよう!

CFD取引の「注文方法」を勉強しよう!

CFD取引の注文方法について勉強しておきましょう。
FX取引の注文方法と同じであるため、すでにご存じの方も多いと思いますが、もう一度、念のために復習しておいてください。

CFD取引で有名な注文方法が「成り行き」、「指値」、「逆指値」の3つですね。
変動する相場を見ながら、臨機応変に注文を出す「成り行き注文」に対して、「この値段にまで下がったら買ってください」と、「買いチャンス」を見逃さないよう、あらかじめ機械に命令しておく注文方法を「指値」と言います。
一方、相場が都合の悪い方向に動いていった場合、損失を最小限に抑えるために「価格がここまで下がったら売ってください」と、リスク管理の意味での注文方法を「逆指値」と呼んでいるんですね。

また、上記の基本的な3つの注文方法に対して、「IFD」、「OCO」、「IFO」という、ちょっと高度なCFD取引の注文方法も勉強しておきましょう。

「IFD(イフダン)」とは、2つの指値注文を出しておき、1番目の指値注文が成立したら、2番円の指値注文が有効になる方法です。つまり、1つ目の指値注文が成立しない限り、2つ目の注文は「眠ったまま」ということになります。

「OCO」とは、「指値と逆指値の両方を入れておき、片方が成立したらもう片方はキャンセルになる」という注文方法です。つまり、利益狙いのための「指値注文」と、リスク管理のための「逆指値注文」を両方入れておき、どちらかが成立すれば、もう片方が自動的にキャンセルされる仕組みです。

さらに、「IFD」と「OCO」を組み合わせた「IFO」というCFD取引の注文方法も存在しています。
CFD取引の場合、外貨だけでなく、様々な商品に投資をすることもあるでしょう。投資商品が変われば、外貨取引の時とは違う注文方法で効果的に利益を狙うことが大切なのです。

これまで「IFD」や「OCO」についてあまり活用してこなかった人も、今後CFD取引を始めるのであればぜひ自分のテクニックとしてマスターしておきましょう!


「CFD取引概要」記事メニュー

QLOOKアクセス解析