CFD取引の「マージンコール」とは?

CFD取引の「マージンコール」とは?

「マージンコール」は、リスク管理をする上で欠かせないツールです。
FXやCFD取引をしておられる方の多くは、「レバレッジ」を活用されていると思います。自己資金の何倍もの取引が可能になる制度であるため、少ない資金のレバレッジを活用しておられる人たちですね。

しかし、レバレッジの活用には意外な「落とし穴」が存在しているのです。1つは「リスクが大きくなる」ということですね。レバレッジを活用すると、その倍率分だけ利益も拡大しますが、それと比例してリスクも増大してしまうのです。
これについては皆さんもご存じだと思いますが、もう1つの「落とし穴」について考えてみましょう。

たとえばCFDの外貨取引で、自己資金5万円でレバレッジ20倍を活用するとします。「米ドル/円(ドル買い)」の通貨ペアで取引すると、100万円の取引をしている計算になりますね。
ではこの場合、どれほどの円高で自己資金の5万円がパーになるでしょうか?いかがですか?意外と計算が難しいですよね。

100万円の自己資金で100万円の取引がパーになるには、100円の円高になる必要があります。このように、自己資金と取引規模が同額である場合は、損失計算がとても簡単なのですが、CFDでレバレッジを活用しているとその計算が急にややこしくなってしまうんですね。

そこで、「マージンコール」の登場です。
マージンコールとは、「CFD業者から送られてくる警告メール」のことで、「あなたの自己資金が○○以下になりましたよ!」と、危険を教えてくれるツールなのです。
このマージンコールを活用しておくと、「気がつかない間に資金が枯渇していた…」という最悪の状況を防ぐことが出来ます。

FXやCFDをやっておられる人の中には、このマージンコールをあまり重要視していない人も多いのですが、投資の基本は「リスク管理」です。しっかりとマージンコールを活用して、大切なあなたのお金を守るようにしておきましょう。


「CFD取引概要」記事メニュー

QLOOKアクセス解析