CFD業者の「取り扱い手数料」や「スプレッド」とは?

CFD業者の「取り扱い手数料」や「スプレッド」とは?

CFD取引における「手数料」や「スプレッド」について考えてみましょう。
CFDでの取り扱い手数料やスプレッドは、あなたの利益を圧迫する存在であるため、取り扱い手数料の存在やスプレッドの大きさなどを考えて取引することが大切なんですね。

FX取引の場合、取り扱い手数料を無料に設定している業者が多く、最近では手数料を考える必要はあまりなくなってきました。しかしCFD取引の場合、取引する銘柄によって取り扱い手数料が存在していたり、あるいはCFD取り扱い手数料の金額にも大きな差があるんですね。
これまでFXをやってきて、手数料についてあまり考えなくなっていた場合、CFDの取り扱い手数料で思わぬ「落とし穴」があるかもしれませんので注意しておきましょう。

また、CFD取引でも「スプレッド」が存在しています。
買値と売値の「差」のことですが、スプレッドに関してはどの業者を比較しても大差はないため、念のため、あなたが取引したい業者のホームページなどで確認しておけば問題ないでしょう。

さて、「手数料」や「スプレッド」については分かりやすいと思うのですが、FXからCFD取引に「引っ越し」される方に、「ミニマムチケットフィー」という用語を解説しておきましょう。
「ミニマムチケットフィー」とは、最低取引額のことで、「1回当たり最低この金額以上の取引をしてくださいね」というルールだと思ってください。

最低取引額の金額は業者によって大きく異なるのですが、この金額を下回って注文を出した場合、あなたは「罰金」を支払うことになります。
1回当たりの罰金は少額ですが、積み重なれば大きな金額に膨れ上がってしまいますので、CFD取引をする場合は必ずミニマムチケットフィーについても確認しておきましょう!


「CFD取引概要」記事メニュー

QLOOKアクセス解析