金融商品販売法を知り、CFD取引のトラブルを回避しよう!

金融商品販売法を知り、CFD取引のトラブルを回避しよう!

金融商品には「金融商品販売法」という、消費者を守るための法律が存在しています。その法律を知ることは、私たちにとって大きな価値があることですので、必ず勉強しておくようにしましょう。

金融商品販売法でカバーされる金融商品には「CFD」も入っています。もし、これからあなたがCFD取引を始めるのであれば、まずは業者側が「リスクの通知」を徹底しているかどうかを見極めておきましょう。
「元本を超えて損失が出る恐れがありますよ」という、業者はこのような「リスクの通知」を事前に行う必要があるんですね。

もし、リスクの通知が行われていなかったなら、その上での損失は業者側の責任となり、「損害賠償」を請求する権利があなたに生まれるんですよ。
もちろん、「業者側のリスクの通知がなかったことが原因で…」ということを証明する必要がありますので、すべてのケースにおいて損害賠償が認められるとは言えませんが、あなたが業者からの説明を受ける時には、念のために会話内容を録音しておいた方が良いかもしれませんね。

また、「リスクの要因」についても確認しておきましょう。「元本割れがありますよ」という説明だけでなく、「どのようなことが要因でリスクが発生するのか?」についても、業者側は説明する義務があるんですね。

CFD取引は投資です。リスクがあることは当然理解しておく必要がありますが、それを無視して業者が勧誘することは法律で禁止されています。このようなことからも、業者の「誠実さ」を推し量ることが出来るのです。「金融商品販売法」は、私たち利用者がぜひ知っておくべきこととして、CFD取引を始める前に勉強しておきましょう!


「CFDを取りまく環境」記事メニュー

QLOOKアクセス解析