CFD取引の税金はどうやって計算するの?

CFD取引の税金はどうやって計算するの?

CFD取引の税金について勉強してみましょう。最近ではFX取引やCFD取引が一般家庭でも人気になっていますが、投資による利益は、当然ですが「課税対象」になります。
しかし、取引をしておられる方の中には、税申告をしない人もいるんですね。

これはいけません。「脱税」という、立派な犯罪になってしまいます。また、申告しなかった金額が大きく、当局から「悪質」だと判断されれば刑事告発の対象となる場合もありますので、法律で決められた一定以上の利益を上げたなら必ず税申告をしておきましょう。

さて、CFD取引の税金ですが、1月1日〜12月31日までの1年間で20万円以上の利益を上げれば課税対象となります。20万円未満なら税申告をする必要はありませんので、「20万円」という、「課税対象の基準」をまずは覚えておきましょう。

CFDによる利益は、法律上は「雑所得」に分類されます。本を出版した時の「印税」や、講演会を依頼された時の「講演料」などと同じ種類の所得に分類されるんですね。
雑所得は、雑所得のみで税金を計算するのではなく、他の所得と合計して税金を計算する「総合課税」の対象となります。したがって、CFD取引以外の収入と合計して、その合計額によって税率が変化する仕組みなんですよ。

つまり、本業はサラリーマンでCFD取引を副業としている場合、サラリーマンとしてのお給料の金額によって、CFD利益にかかる税金も変わってくるんですね。詳しい税率に関しては、あなたがお住まいの管轄内にある税務署に問い合わせてみましょう。

「税申告」は難しそうに思えますが、書類さえそろっていれば何も難しいことはありません。面倒だと思わずに、義務として申告しておいてくださいね。


「CFDを取りまく環境」記事メニュー

QLOOKアクセス解析