CFDとは何か

CFDとは何か

FX人気が高まっている中、そのFXを追いかけるように注目を集め始めているのが「CFD」です。
「FX取引よりも投資の融通が利きやすいから好き」という人も多いのではないでしょうか?

しかし、CFD取引について、詳しく知らない人もいると思いますし、「CFD?なにそれ?」という人も多いことでしょう。
そこで、CFD取引について、ここでしっかりと勉強しておきましょう。

CFDとは、「Contract For Difference」の略称で、日本語では「差金決済」ということになります。
たとえば「外貨預金」の場合、外貨を売り買いするは直接「あなたのお金」が必要です。したがって、このような取引を「直接売買」と呼んでおり、これは「差金決済」にはなりません。

一方、FX取引の仕組みを思い出してください。
業者が持っている外貨を「買う」、あるいは「借りて売る(空売り)」などの方法で、あなたは業者に証拠金を預けるものの、実際の取引は「業者のお金」で行われるものです。
そしてその取引の結果、利益が生まれれば、その利益分が証拠金に上乗せされ、損失が出れば証拠金から差し引かれる仕組みでしたね。
この取引手法を「間接売買」と呼んでおり、差金決済とはこの「間接売買」のことなのです。

CFDも差金決済の取引であるため、取引の仕組み自体はFXと同じです。
ただし、CFDでは外貨以外の投資商品がたくさん用意されているんですね。たとえば「株式」です。

一般的な株式売買は「直接取引」に相当するため、空売りなどの融通が利かないのが難点でした。
しかし、CFDでは差金決済による株式売買が可能ですので、株式ですら空売りで取引をすることが出来るのです。
また、株式のほかにも「国債」や「金」、それに、農産物などの「コモディティ商品」もたくさん用意されているんですね。もちろん、FXと同様にCFDでも「外貨」を取引することも可能です。

いかがですか?CFDについて簡単に説明しましたが、もっと簡単に説明すると、「FX取引はCFD取引の一種である」と言えることはお分かりでしょうか?
FXでは外貨のみの差金決済ですが、それ以外の商品が用意されているのがCFDだと覚えておきましょう。


「CFD投資について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析