「日経225先物」とはどんな投資なの?

「日経225先物」とはどんな投資なの?

「日経225先物取引」という投資商品が人気を集めています。
しかし、「日経225って何?」と思われる方も多いのではないでしょうか?そこで、「日経225先物」について、ここでしっかりと勉強しておきましょう。

そもそも「日経225」とは、「日経平均株価」のことで、様々な業種から選抜された225銘柄の株価の「平均価格」のことです。普通、株取引を行う場合、特定の企業の銘柄を選んでそこに投資をしますよね?

1つの企業にのみ投資をしているなら管理も簡単ですが、株取引をされておられる方のほとんどは複数の銘柄に投資をしています。その数が多くなれば多くなるほど、毎日のメンテナンスも大変な労力となり、チェックするだけでも大変な作業になってしまいます。

そこで、主要225銘柄の平均価格を投資商品として、株価全体の動向を一括して投資する方法があるのです。それこそ、「日経225先物」と呼ばれているんですね。

以前の日経225先物は、個人投資家への手数料がとても高く、それなりに大きな利益を出さないと手数料との関係で魅力がなかったのですが、ネット証券による手数料が格安になったことから、今では日経225先物に投資をする個人投資家が増えているのです。
具体的な数字で言うと、日経平均株価が10円上がっただけで、それなりの利益が出ると考えてください(自己資金額や取引条件によって大きく異なります)。

らに、日経225先物ではFXやCFD取引と同様にレバレッジを活用しての取引が可能です。これにより、少ない資金でも始められる投資として人気を集めているのです。
ただし、他の投資商品と比較すると、比較的ハイリスク・ハイリターンの投資でもあるため、事前にしっかりとした勉強を重ねてから始めるようにしておきましょう。


「CFD投資について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析